CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
★甲東園こども英語教室★
⇒ こちら
★連絡先★
★生徒さん募集情報★
⇒ こちら
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    やる気!
    0
      週末は寒かったですね。
      寒い寒い日曜日の朝、ふと見ると息子がこんなかんじでした。

      大好きな野球の準備はばっちり!!ヘルメットまでかぶっているとは。。
      英語やほかの勉強もこれぐらいの気合いで頑張って欲しいです。

      英語教室でも英語が好き!という子たちは伸びるのがとても早いです。
      みんなの好き!を増やせるようなレッスンをしていきたいなと思います。
       
      | 日常 | 07:48 | comments(0) | - |
      A Happy New Year !
      0

        2016年が良い年になりますように。
        子ども達の成長にいつも感心させられますが、私も少しでも成長できるよう、毎日を大事にすごしたいと思います。
        | 日常 | 17:32 | comments(0) | - |
        アドベントカレンダー
        0

          毎年、我が家ではアドベントカレンダーを用意していますが、今年は夫が出張先のドイツで買って来てくれましたツリー
          はじめてのお菓子入りに姉弟は興奮で、毎日順番に、開ける人食べる人を交代しています。
          どうやら全部チョコレートのようで、クリスマスまでに虫歯になるのではと心配です。

          そして、ゴルフに行く夫に「パパ、もう一個アドベンチャーカレンダー買って来て〜」と息子が言っていました。
          アドベンチャーカレンダーではないし、ゴルフは国内なので何も売ってないと思いますが。
          いろいろ大事なところを間違えている小学一年男子ですイヒヒ
          | 日常 | 15:17 | comments(0) | - |
          読み聞かせ絵本
          0
            評価:
            川端 誠
            BL出版
            ¥ 1,512
            (2011-09)

            評価:
            鈴木 まもる
            アリス館
            ¥ 1,512
            (2015-06-18)

            今月から小学校の読み聞かせサークルに参加させてもらっています。
            貴重な体験を通じて心に残った本を書きとめたいなと思います。

            「地球をほる」は英語部分を手伝ってほしいと声をかけて頂き、読み聞かせに初参加させて頂いた時の本です。
            はじめての小学校での読み聞かせ、緊張しましたが、一緒に読んだ方がとっても上手でひっぱってもらいました。
            その時の子ども達の真剣な表情、忘れられない経験になりました。3年生のクラスで読みました。

            「ぼくのたからもの」ははじめて自分で選んだ作品です。
            主人公が一年生の男の子、メジロの巣作りを観察することになりました。お母さんのおなかにも、もうすぐうまれる赤ちゃんが。。。
            とてもやさしい気持ちになれる一冊です。1年生の子ども達もとてもとても真剣に聞いてくれました。
            作者は鳥の巣研究家(?)の鈴木まもるさん。きっとご本人もすごく書きたかったテーマなのではないかなと感じました。
            | 日常 | 21:33 | comments(0) | - |
            シンプル英語フレーズ2000
            0
              新学期になって一人の時間が増えたので、家事などをやりながらこの本のCDを聞いています。

              かなり前に本屋さんで購入したのですが、最近山積みされているところをよく見るので、人気が出てきたのかな。
              一つ一つのフレーズは簡単な物ばかりですが、日本で教科書やテキストだけで英語を勉強していると、こういうとっさの一言の方がわからなかったりするので、国内で英語を学ぶ日本人には、使える英語を学べる良い一冊ではないかと思います。
              CDは先に日本語が読まれるので、英語で自分なりの答えを考えながら聞いてます。自分の答えとCDの英語が全く一緒だと、ポイント1点!という気分です。

              このテキストを見ていて、「それって違うんじゃない??」という箇所があったので、出版社のHPをみてみるとちゃんと正誤表に記載されていました。正誤表に記載されていた3点のうち、2点の間違いに気付いたので少しやった!という気分です手
              気付かなかった1点はtheが抜けているというミスでした。日本人には冠詞の問題は難しいですね。。私も、自分の苦手分野をしっかり勉強せねば!
              | 日常 | 14:32 | comments(0) | - |
              | 1/8PAGES | >>